突発性難聴とは?後日談

スポンサーリンク


前回、突発性難聴とは?で書いていた通り、薬も全部飲みきったので病院に受診しに行きました 😆

薬を飲み始めてからめまいなど、耳がクリアに聞こえるようになったのですが、あまり期待せず行ってきました(笑)

さてさて、結果は?!

結果発表

image

前回の測定時の左・右耳の測定結果です。

左半分低音部分・右半分高音部分です。×が左耳 ○が右耳

この初回の時は両耳ともぎりぎりのラインだったんですね 😥 右耳は特に低音部分が低い!

右耳だけ数値が低いので今回は右耳の測定結果を貼ります。ではでは!

img_6836

じゃじゃーーーん!なんとかなり正常値に戻りました。

ですが、見て分かるとおり1000ヘルツは落ちたままです(笑)

多分これが健康診断でもひっかかっていたやつですね。

これに関しては質問しましたが先生もあまり原因がわからないとのことで 😥

感想

私が受診した病院の先生は上司のオススメでした!(笑)真似しながらあの人は良かったって言うんです 😆 

初回受診の時にその真似がそっくりで、そのことを思い出し先生の前で吹きそうになりました(笑)

ゆったりしているけど、正確に無駄なく検査してくれてとてもよかったです。ありがとうございました。

処方

受診が終わり今回は、アレルギーに対して効果があるプレドニンを除き、一週間分の薬を処方されました 😮 

飲み終わった頃にもう一度行き、再検査し、変わりなく聞こえていたら1000ヘルツ以外は完治したという考えでいいらしいです 😀 

私的に1000ヘルツがどうしても気になるのですが、多分もう手遅れなんでしょう(笑)

まとめ

  • 今回処方されていたプレドニン5mgですが非常に強い薬らしいので途中で勝手に使用中止しない。
  • 健康診断でひっかかったならすぐ病院へ!(笑)
  • 今回は、ストレスからの疲労のせいだと思われこの短期間で直すことができました。

皆さんもお体に気をつけて規則正しい生活を送ってくださいね! 😈

最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です