レポマルのFXトレード日記その2【H31.1.2~1.4】

スポンサーリンク


どーも!レポマルです。

今回はH31.1.2~1.4までの取引結果を書いていきます。

取引環境

参考ページ

取引端末iPhone
FX業者XM(888倍)
使用アプリMeta Trader5(MT5)
メインウィンドウMoving Average(20)
Moving Average(50)
Moving Average(100)
Ichimoku Kinko Hyo
Fractals
インディケータウィンドウ1MACD
Relative Strength Index
インディケータウィンドウ2Stochastic Oscillator
Gator Oscillator

トレード基準

ほぼチャートのみを見てエントリーポイントなどを見極めてトレードしています。

悪夢の日

覚えてますか?

そうです年明けで皆さんがとてもウキウキしているとき、それは起こりました。

年始の取引が始まりそして3日に、ドル円に限らずほぼ全ての通貨で大暴落が起こりました。

そのチャートを見てもらいましょう。

1月3日のチャート

日足

4時間足

15分足

このずっどーん!っと下がっているところが事件があった場所です(笑)

笑いごとでは済まされませんが(笑)

トレード報告

私はこの時、なぜか109.31の時にbuy買いでドルを持ってました。

悲惨すぎてその時の記憶はもうありません。正直このトレードについては誰にも見られたくないので、写真は載せません(笑)

簡単に言うと、マジやばい!なんでここまで(笑)です。

逆にその時は損切せな!の焦りより傍観側になってました(笑)

結果

強制ロスカットを食らい。

損益約-1400pips

pipsが多いですが、現在の取引量の約3分の1でトレードしていたのでpipsに比べて、損益は抑えれました。

結果、勿論大打撃を受け、損失がやばいぐらい増えました。

ですが、ピンチの時は、チャンスも待ってました。

一瞬の105付近を買うことはできませんでしたが、108.00付近を買い増しを行いました。

その後はまた後日書いていきますね。

まとめ

この暴落が起こる前、私はリアルタイムでチャートを眺めていました。正直このダウントレンドで買う人はいないでしょう(笑)

頭がおかしかったのだと諭す事にします(笑)

その暴落前も買った分両建てで売りでも入ってましたが、あまりの急激な変化な為途中で、買いの損切ではなく、売りの利確を最初に行ってしまったのも要因です。

昔に戻れるなら、

あの時できることは、

・チャートを見て、何もわからない状況だったらエントリーしない。

・エントリーを延期し、動くまで様子見をしてエントリーを伺う。

・焦らない。

・一瞬の利益に囚われトレードしない。

・損切設定は必ずする。

よく言われることなどができてれば、タラレバですが莫大な利益が生まれていたかもしれません。

ではまた次回!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です