レポマルのFXトレード日記その12【H31.3.11】

どーも!レポマルです。今回は3月11日のトレードについて報告します。

狙いは…

指標での下げ、調整下げもありますがチャートを見ると、一旦休憩してるみたいなので、反発を狙ってエントリーしていきたいです。

が、しかしどっちに動くか分からないままトレードすると良い方向に転がったことはありませんので、細心の注意を払ってトレードします。

取引通貨

今回はポンド円をトレードしました。

まずそれぞれの足を見てみましょう。

4時間足

これが4時間足のチャートです。

チャート左下から右上に引いているのがフィボナッチリトレースメントと言って、簡単に言うと、取引してる人間の精神的な面が関係してきます。

どこまであがるのかなぁ。

どこまで下がるのかなぁって感じです。

トレンドが発生してる場所でしかラインは引けません。

フィボナッチリトレースメントのラインを引くと水平に写真の通り、38.2などの数値がでてきます。

これがトレンドの強さも表すと同時にどこまで下がるかの1つの指標になります。

今回は61.8まで下がってるので今までは上昇トレンドは強かったように感じますが、期待上げなども重なり戻りが強いような気がします。

ですが一旦61.8で反発してはいるのでここで少しエントリーを伺ってみました。

1時間足

1時間足です。

61.8で反発したあと50.0でも反発しています。

その後20日線上に推移しています。

ここで1分足の状況を見てみました。

1分足

結果は見えてますが、

左下がちょうど1時間足の20日線で反発して上昇トレンドになっているところです。

私はここから50.0まで一旦また上がり突破するか、もしくはレンジ相場を形成後、上昇、下降するかと予想を立て、ここでは144.363で買いエントリーをしました。

その後はチャートで、分かる通り144.670付近まで上がりましたが一旦陰りが見えましたので、20日を割り込んだ所で、薄利撤退しました。

正直多分持ってても大丈夫でしたが、多分です。

言った通りレンジ相場ならここはかなり高い位置であり下がり幅はとてもあります。そんなとこでは勝負したくはありません。

まとめ

今回は長期足でフィボナッチを意識しながら、レンジの予想も頭の隅に入れ、短期間のトレードに挑みました。

勿論ですが、持ってればはっきり言って1番TOPにまで戻ってもおかしくはありません。ポンドですから(笑)

何倍の利益もとれたでしょう。

ですが、予想外の動きもあるので、ゆっくりマイペースに取引できればいいかなと思います。

あとはドル円でゆっくりしてもいいかもです(笑)

利確約+17.8pips

自動売買EA紹介記事一覧

【海外無料自動売買】Dark Venus EAを紹介・検証【TITANリアル口座・デモ口座】

2021年1月12日

【保存版】FX取引・自動売買の成果をまとめてくれるMyfxbookの登録方法

2020年12月27日

自動売買に適したオススメ海外口座

レポマルのメイン口座 TITAN FX(ブレード口座)

概要
注目1⃣
  • レバレッジ500倍
  • 海外口座特有の※ゼロカット制度採用
レポマル
 
  • 国内の場合、レバレッジをかけて取引をした場合、入金額以上の損失がでるとその分入金しなければならない、追証制度があります。
  •  海外の場合はほとんどがゼロカット制度を入れており、入金以上の損失が出た場合でもゼロカット=0になるだけで追証は発生しません。
注目2⃣
  • 口座種類は、スタンダード口座とブレード口座の2種類
  • スタンダード口座は、手数料無料スプレッドは1.3pips(USDJPY)
  • ブレード口座はスプレッドが0.2(USDJPY)
  • かなり狭いが、0.01lot1000通貨で7円の手数料がかかります(実質0.9~1.0pips)
  • 自動売買から、裁量取引の口座間また業者間の両建てについても規則なし
注意
  • 口座・業者間の両建てについては禁止されているブローカーがほとんどです
注目3⃣
  • ブレード口座⇔スタンダード口座の変更もサイト上の口座キャビネットからいつでも変更可能
  • XMでは口座種類ごとに追加開設しないといけないので、簡単に運用することができます。

レポマルのサブ口座 XM TRADING

概要
注目1⃣
  • レバレッジ最大888倍
  • 海外口座特有の※ゼロカット制度採用
レポマル
 
  • 国内の場合、レバレッジをかけて取引をした場合、入金額以上の損失がでるとその分入金しなければならない、追証制度があります。
  •  海外の場合はほとんどがゼロカット制度を入れており、入金以上の損失が出た場合でもゼロカット=0になるだけで追証は発生しません。
注目2⃣
  • 口座種類は、マイクロ口座・スタンダード口座、ZERO口座の3種類
  • マイクロ・スタンダード口座については、初心者向け
  • スタンダード口座を利用するのが一番オススメ!スプレッド平均1.7pips(USDJPY)
  • ZERO口座はスプレッドが約0.1pips
  • ZERO口座は手数料が高めの0.01Lot1000通貨で10円の手数料がかかります(実質1.1pips)
注目3⃣
  • スタンダード口座・マイクロ口座限定!
  • XMでは取引量に応じてクレジットボーナスXMPあり、またXMPにもランクがあり取引に応じてランクアップしていきます。
  • XMPクレジットボーナスとは、出金はできないが、取引として使うことができるものをいいます。
  • 過去に最大で10万ほどXMP溜まっていたときはボーナスのみで運用していたので痛手は0でした。
  • 下の写真の右下のように出金できるお金にも換えることはできますが換金率は低いのでボーナスとして運用するのがオススメです!
注意
  • XMPクレジットボーナスはスタンダード・マイクロ口座でのみ貯めることができますが
  • 使用に関してはZERO口座でも可能です。
  • またXMPを口座に入金後に元本等を出金する場合、出金額に比例したXMPクレジットボーナスも消失します
  • 資金の移動に関しても出金同様の消失が起こります
補足
  • これは現時点でのレポマルのXMP及びランクです。一番上のELITEです
  • 以上の条件でランクアップまたポイントが溜まります。
  • ※XMPを貯めることができるのはマイクロ・スタンダード口座のみです。
  • 使用に関してはZERO口座でもできます

オススメコンテンツ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

市販の有料EAから海外の無料EAを日々検証中しています。 検証結果は損益記事、自動売買紹介記事などでUP中! TDSバックテストを使用してリアルな検証・情報をお伝えします。