レポマルのFXトレード日記その20【H31.3.21】

どーも!レポマルです。

FOMCでは、ドル円にしてもポンドにしてもすごい下がりましたねー

その中私は夢の中でした(笑)

ですので取引を開始したのが、祝日である今日の下げが終わったところからでした。

とても不安定なトレンド・波でしたのでそこまで乗ることはできませんでしたが、この地合いではまずまずといったところでした。

それでは今回の取引した通貨は

ドル円/USDJPY

5分足

みても分かる通り、どかん下げからのレンジ形成ですね。

レンジの後半から目が覚めて起きた時がジャストだったみたいで、赤丸のところで買いエントリーをし、レンジ上限での利確をしました。

ユーロ円/EURJPY

5分足

5分足での下限ラインタッチからの反発が、MA100に触るぐらいの反発をみていました。

ストキャスについても、申し分ないところでしたので、

1分足での確認をします。

1分足

赤丸をつけているところでの1分足のMA20反発を確認したので売りエントリー後、

下限ライン直近安値、もしくはフィボ38.2までの落下を期待していましたが、陰りが見えたのでここで利確をしています。

まとめ

今回はトレンドもなく、下げ圧力が強いなか祝日だったので、ポジションを半分のlotでの取引にしました。

いつものlotで取引していれば今回の2~3倍はいけたかもしれませんが、それはタラレバです。

安心な取引をできたので満足です。

それではまた!

利確約+13.4pips

訂正lot半数の為、total+18.9pips

追記:ユーロ円にエントリーしました。

取引通貨ユーロ円

1時間足

MA20タッチしたとこでした。

意識されるラインでもあります。

他の足でも確認を行います。

5分足

ライン、1時間足のMA20付近での高値が抑えられている感じでしたので、

1分足を確認後エントリーをしました。

1分足

チャートを見る限り少しエントリーがはやかったみたいですねー

ですが高値も段々下がってきて短期での下降トレンド形成をしてきたの、短期売りエントリー、

目標はフィボ38.2か下の意識されてるラインまでと確定させました。

その後

サポートライン付近での反発後上昇しています。

まとめ2

今回はエントリーポイントを見極め、トレードができたと思います。

lot数も通常時に戻し、強気のエントリーでしたので、眠気に襲われるまでは、安心した取引ができました。

眠気に襲われたので利確をしました。

利確約+9.2pips

total+28.1pips

それではまた!

自動売買EA紹介記事一覧

【海外無料自動売買】Dark Venus EAを紹介・検証【TITANリアル口座・デモ口座】

2021年1月12日

【保存版】FX取引・自動売買の成果をまとめてくれるMyfxbookの登録方法

2020年12月27日

自動売買に適したオススメ海外口座

レポマルのメイン口座 TITAN FX(ブレード口座)

概要
注目1⃣
  • レバレッジ500倍
  • 海外口座特有の※ゼロカット制度採用
レポマル
 
  • 国内の場合、レバレッジをかけて取引をした場合、入金額以上の損失がでるとその分入金しなければならない、追証制度があります。
  •  海外の場合はほとんどがゼロカット制度を入れており、入金以上の損失が出た場合でもゼロカット=0になるだけで追証は発生しません。
注目2⃣
  • 口座種類は、スタンダード口座とブレード口座の2種類
  • スタンダード口座は、手数料無料スプレッドは1.3pips(USDJPY)
  • ブレード口座はスプレッドが0.2(USDJPY)
  • かなり狭いが、0.01lot1000通貨で7円の手数料がかかります(実質0.9~1.0pips)
  • 自動売買から、裁量取引の口座間また業者間の両建てについても規則なし
注意
  • 口座・業者間の両建てについては禁止されているブローカーがほとんどです
注目3⃣
  • ブレード口座⇔スタンダード口座の変更もサイト上の口座キャビネットからいつでも変更可能
  • XMでは口座種類ごとに追加開設しないといけないので、簡単に運用することができます。

レポマルのサブ口座 XM TRADING

概要
注目1⃣
  • レバレッジ最大888倍
  • 海外口座特有の※ゼロカット制度採用
レポマル
 
  • 国内の場合、レバレッジをかけて取引をした場合、入金額以上の損失がでるとその分入金しなければならない、追証制度があります。
  •  海外の場合はほとんどがゼロカット制度を入れており、入金以上の損失が出た場合でもゼロカット=0になるだけで追証は発生しません。
注目2⃣
  • 口座種類は、マイクロ口座・スタンダード口座、ZERO口座の3種類
  • マイクロ・スタンダード口座については、初心者向け
  • スタンダード口座を利用するのが一番オススメ!スプレッド平均1.7pips(USDJPY)
  • ZERO口座はスプレッドが約0.1pips
  • ZERO口座は手数料が高めの0.01Lot1000通貨で10円の手数料がかかります(実質1.1pips)
注目3⃣
  • スタンダード口座・マイクロ口座限定!
  • XMでは取引量に応じてクレジットボーナスXMPあり、またXMPにもランクがあり取引に応じてランクアップしていきます。
  • XMPクレジットボーナスとは、出金はできないが、取引として使うことができるものをいいます。
  • 過去に最大で10万ほどXMP溜まっていたときはボーナスのみで運用していたので痛手は0でした。
  • 下の写真の右下のように出金できるお金にも換えることはできますが換金率は低いのでボーナスとして運用するのがオススメです!
注意
  • XMPクレジットボーナスはスタンダード・マイクロ口座でのみ貯めることができますが
  • 使用に関してはZERO口座でも可能です。
  • またXMPを口座に入金後に元本等を出金する場合、出金額に比例したXMPクレジットボーナスも消失します
  • 資金の移動に関しても出金同様の消失が起こります
補足
  • これは現時点でのレポマルのXMP及びランクです。一番上のELITEです
  • 以上の条件でランクアップまたポイントが溜まります。
  • ※XMPを貯めることができるのはマイクロ・スタンダード口座のみです。
  • 使用に関してはZERO口座でもできます

オススメコンテンツ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

市販の有料EAから海外の無料EAを日々検証中しています。 検証結果は損益記事、自動売買紹介記事などでUP中! TDSバックテストを使用してリアルな検証・情報をお伝えします。