レポマルのFXトレード日記 2019.8.24【ドル円(USDJPY)・ポンド円(GBPJPY)・ユーロ円(EURJPY)・ユロドル(EURUSD)考察】

スポンサーリンク


どーも!レポマルです。

今週も激動の一週間でしたね!

最近は要人の発言のみで値動きがすごいことになってますね(-_-;)

さて、現在の各通貨のチャートはどうなっているのか見てみます。

通貨

  • ドル円(USDJPY)
  • ポンド円(GBPJPY)
  • ユーロ円(EURJPY)
  • ユロドル(EURUSD)

今回はこの4つについて見ていきます。

ドル円(USDJPY)

日足

日足で見ると結果的に長期チャンネル(白)の中間ライン+20EMAでの反発後、チャンネル下限への下落が見られました。

日足目線で見るとまだ長期的に下降トレンドでまだ下のチャンネル内に留まっています。

その後は緑線で上のチャンネルに移行するか、赤線で一回下限にタッチしたあと、上限タッチからの中間ラインまで下げてくるかなと予想します。

4時間足

ドル円(USDJPY)4h

 

まだ4時間足でも勿論下降トレンドです。

中期チャンネル(ピンク)上段のチャンネルから下段→上段に移行したタイミングで、長期チャンネル(白)の中間ラインでのもみ合い後反落しています。

中期チャンネル(橙)はこれは過去の上昇トレンドの角度そのままでスライドしてきています。

金曜日の下げが中期チャンネル(橙)の下限で止まったことを考慮して、月曜日から中期チャンネル(ピンク)上段をもう一回狙ってくるかもしれません。

ですがあくまでも長期チャンネル(白)は下降トレンドですので注意していきたいです。

エントリー

中期チャンネル(橙)をした抜けした場合は、長期チャンネル(白)での推移をしていますので買いエントリーはしません。

また、月足での最安値の更新するか否か、長期チャンネル(白)の中間より下なので買い圧力が強くなっているのも頭にいれ、中期チャンネル(ピンク)での上限での売りエントリーを可能な場合します。

中期チャンネル(橙)での推移を確認できた場合は、長期チャンネル(白)の中間ラインまでは短期買いエントリーをしたいと思います。

 

ポンド円(GBPJPY)

日足

ポンド円(GBPJPY)1D

ポンド円(GBPJPY)は値動きが激しいので長期チャンネル(白)での考察をします。

一回下段長期チャンネル(白)中間ライン下に下落しましたが、買いが強く一回上昇し、20EMAでの反発後中間ラインまで戻すかどうかに見えます。

とりあえず一回は中間ラインにタッチはすると思うので、それから緑線の中期チャンネル(橙)での上昇長期チャンネル(白)とのトライアングル上抜けというシナリオか

下段中間ラインを再度突破して、チャンネル下限まで下落するシナリオも考えなくてはなりません。

ポンド円(GBPJPY)も長期的に下降トレンドなので売りが好ましいですが、短期的には長期チャンネル(白)下限での逆張りもできるかもしれません。

エントリー

長期チャンネル(白)下段中間ラインまで様子見、その後の短期足での方向性でエントリーを持ちます。

長期的には緑線トライアングルからの下抜けの際長期チャンネル(白)下段上限での売りエントリーです。

ユーロ円(EURJPY)

日足

ユーロ円(EURJPY)1D

ユーロ円(EURJPY)では長期チャンネル(白)を上段から下段に本格的に移行するかでした。

金曜では上段下限ラインでの反発後下落しています。

日足のみでみるとそんな感じに見えます。

4時間足

ユーロ円(EURJPY)4H

中期チャンネル(橙)中期チャンネル(ピンク)の追加です。現状でのトレンドの角度でひっぱってきています。

長期チャンネル(白)から下段への移行→上段へ戻るところでもみ合っています。

見にくいかもしれませんが、中期チャンネル(ピンク)(橙)ともにラインが効いています。

最終的には中期チャンネル(橙)中間ラインと長期チャンネル(白)の上限下限ラインとのトライアングルを形成し下抜けしています。

下抜け後は中期チャンネル(ピンク)の下限ライン近くまで下落しています。

エントリー

日足で見るとかなり下降トレンドが強い気がします。

今後は中期チャンネル(ピンク)を移動しつつ、長期チャンネル(白)の下限を目指す動きをすると予想します。

月足の最安値までも余地があるので、中期チャンネル(ピンク)の上限での売りエントリーを可能ならばしたいと思います。

ユロドル(EURUSD)

日足

ユロドル(EURUSD)1D

ユロドル(EURUSD)は長期チャンネル(白)上段下段でもみ合っています。

現状チャートの形があまり好きではありませんので、この通貨についてはあまり検証していません。

エントリー

チャートが落ち着くまで様子見or短期でのチャンネル上限下限での売り買いエントリーをします。

さいごに

予想通り動いてくれることを願っていますが、中国、米国、トランプ、要人発言など突発的に動く時期なので資金を溶かさない程度にエントリーできたらいいと思います。

8月24日土曜日に北朝鮮が連続で2発ミサイルを撃ったことがニュースでてています。月曜の窓開け等に注意していきたいですね。

それではまた!

取引環境

XM

リアルFX取引口座を開設するはこちら!

無料自動売買 トレプロ(運用中止中)

優秀な自動売買システムを世界中から集めました!TRADERS-pro【トレプロ】はこちら!

TRADERS-pro【トレプロ】

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です