レポマルのFXトレード日記2019.8.27【ドル円(USDJPY)ポンド円(GBPJPY)ユーロ円(EURJPY)考察】

どーもレポマルです前回の記事のエントリーは惨敗に終わりました(笑)

さて復習します。

通貨

  • ドル円(USDJPY)
  • ポンド円(GBPJPY)
  • ユーロ円(EURJPY)

を取引していきました。

ドル円(USDJPY)

前回の記事のドルエントリーは無事LCされました。

前回の日足

ドル円(USDJPY)1D

これは前回の記事の日足です。チャンネル上限での売りを狙いました。

今回の日足

ドル円(USDJPY)1D

チャンネルを少し調整後、中期チャンネル(橙)を設置しています。

下がその拡大した15分足です。

15分足

ドル円(USDJPY)15m

一時抵抗して下に戻るかと思いましたが、気持ちよく上昇後、中期チャンネル(ピンク)センターラインタッチ後、一旦下落したものの長期チャンネル(白)下限での反発その後、現在中期チャンネル(橙)の下限を推移しています。

エントリー

ドル円(USDJPY)については長期チャンネル(白)を戻ったことと、一旦上昇して、長期チャンネル(白)センターor上限までもどすのかな?って感じはわかりません。

のでそこまでは静観、ロット低めでの短期トレードのみとします。節目が来るまでは一旦は短期上げ目線で行きます。

ポンド円(GBPJPY)

日足

ポンド円(GBPJPY)1d

長期チャンネル(白)では下限での反発が見て取れました。一旦買い圧力が強い状態だと認識し、一旦上げてくるかなという感じです。

15分足

ポンド円(GBPJPY)15m

長期チャンネル(白)上に短期チャンネルを作りました一旦上昇のチャンネルを上下に移行しています。

長期チャンネル(白)センター付近で一旦上値を下げてきたので短期の下落チャンネルも作り様子をみています。

短期の中央ダイヤで推移がみられてきたので上抜けか下抜けするかの場面だと思います。センターまではあと少しなので一旦上抜けしてもおかしくないかなと思います。

エントリー

ポンドは短期チャンネルの後半部分でダイヤ部分の上限ショートエントリーしました。その後、上値を更新しなさそうでしたので次の波の上値でも短期ショートエントリーをしました。

ユーロ円(EURJPY)

日足

ユーロ円(EURJPY)1d

下段長期チャンネル(白)の上限でかなり強めの抵抗を受けています。売り圧力は強いかなと認識しました。

15分足

日足上限にタッチしましたので短期下降トレンドが始まるところでショートエントリーしました。

本来は日足上限でのショートが好ましい場面でした。

エントリー

前日に売りエントリー後、今朝から円が強い状態でしたのですんなり下がりました。その後直近で抵抗を受けているところまで下がりましたが抜けてくれず、16時を過ぎ円を売る動きになり上昇を始めました。

事前にLC位置を変更していたので少し惜しいことをしましたが利確です。

 

おわりに

今回月足、週足などの流れは本当に大事なんだと再認識しました。フィボナッチも月足、週足に引くと、感覚が掴めやすくなった気がします。

取引環境

XM

リアルFX取引口座を開設するはこちら!

無料自動売買 トレプロ(運用中止中)

優秀な自動売買システムを世界中から集めました!TRADERS-pro【トレプロ】はこちら!

TRADERS-pro【トレプロ】

自動売買EA紹介記事一覧

【海外無料自動売買】Dark Venus EAを紹介・検証【TITANリアル口座・デモ口座】

2021年1月12日

自動売買に適したオススメ海外口座

レポマルのメイン口座 TITAN FX(ブレード口座)

概要
注目1⃣
  • レバレッジ500倍
  • 海外口座特有の※ゼロカット制度採用
レポマル
 
  • 国内の場合、レバレッジをかけて取引をした場合、入金額以上の損失がでるとその分入金しなければならない、追証制度があります。
  •  海外の場合はほとんどがゼロカット制度を入れており、入金以上の損失が出た場合でもゼロカット=0になるだけで追証は発生しません。
注目2⃣
  • 口座種類は、スタンダード口座とブレード口座の2種類
  • スタンダード口座は、手数料無料スプレッドは1.3pips(USDJPY)
  • ブレード口座はスプレッドが0.2(USDJPY)
  • かなり狭いが、0.01lot1000通貨で7円の手数料がかかります(実質0.9~1.0pips)
  • 自動売買から、裁量取引の口座間また業者間の両建てについても規則なし
注意
  • 口座・業者間の両建てについては禁止されているブローカーがほとんどです
注目3⃣
  • ブレード口座⇔スタンダード口座の変更もサイト上の口座キャビネットからいつでも変更可能
  • XMでは口座種類ごとに追加開設しないといけないので、簡単に運用することができます。

レポマルのサブ口座 XM TRADING

概要
注目1⃣
  • レバレッジ最大888倍
  • 海外口座特有の※ゼロカット制度採用
レポマル
 
  • 国内の場合、レバレッジをかけて取引をした場合、入金額以上の損失がでるとその分入金しなければならない、追証制度があります。
  •  海外の場合はほとんどがゼロカット制度を入れており、入金以上の損失が出た場合でもゼロカット=0になるだけで追証は発生しません。
注目2⃣
  • 口座種類は、マイクロ口座・スタンダード口座、ZERO口座の3種類
  • マイクロ・スタンダード口座については、初心者向け
  • スタンダード口座を利用するのが一番オススメ!スプレッド平均1.7pips(USDJPY)
  • ZERO口座はスプレッドが約0.1pips
  • ZERO口座は手数料が高めの0.01Lot1000通貨で10円の手数料がかかります(実質1.1pips)
注目3⃣
  • スタンダード口座・マイクロ口座限定!
  • XMでは取引量に応じてクレジットボーナスXMPあり、またXMPにもランクがあり取引に応じてランクアップしていきます。
  • XMPクレジットボーナスとは、出金はできないが、取引として使うことができるものをいいます。
  • 過去に最大で10万ほどXMP溜まっていたときはボーナスのみで運用していたので痛手は0でした。
  • 下の写真の右下のように出金できるお金にも換えることはできますが換金率は低いのでボーナスとして運用するのがオススメです!
注意
  • XMPクレジットボーナスはスタンダード・マイクロ口座でのみ貯めることができますが
  • 使用に関してはZERO口座でも可能です。
  • またXMPを口座に入金後に元本等を出金する場合、出金額に比例したXMPクレジットボーナスも消失します
  • 資金の移動に関しても出金同様の消失が起こります
補足
  • これは現時点でのレポマルのXMP及びランクです。一番上のELITEです
  • 以上の条件でランクアップまたポイントが溜まります。
  • ※XMPを貯めることができるのはマイクロ・スタンダード口座のみです。
  • 使用に関してはZERO口座でもできます

オススメコンテンツ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

市販の有料EAから海外の無料EAを日々検証中しています。 検証結果は損益記事、自動売買紹介記事などでUP中! TDSバックテストを使用してリアルな検証・情報をお伝えします。