【海外無料自動売買】Dark Venus EAを紹介・検証【TITANリアル口座・デモ口座】

レポマル
今回はMQ5で無料ダウンロードできるDark Venusについて見ていくよ。

トレード口座はTITANリアル・デモ口座を使ってるよ。

Dark Venusの概要

簡単な概要
  1. マーチンゲールあり
  2. 両建てあり
  3. 他通貨運用可能
  4. 推奨時間軸
    • 5分・15分、設定次第で何分にも対応可能
  5. 高頻度
  6. ボリンジャーバンド制御
  7. 取引可能時間設定あり
  8. 取引可能曜日設定あり
  9. ポジション保持数設定あり
  10. 初期設定では保有ポジションは買い売りで100ポジション持つようになっているので注意

Dark Venusのおすすめ度 自動5点/10点 半自動9/10点

検証済み通貨

  • EURUSD5分/リアル口座
  • USDJPY5分/デモ口座
  • USDCHF5分/リアル口座
  • GBPUSD5分/デモ口座

Dark Venusの特徴として、ボリンジャーバンド制御によるエントリーです

まず普通の5分チャート上でどのくらいエントリーしたか見てみます

通貨はEURUSDです

このように高頻度で買い・売りともにエントリーしていきます

次にボリンジャーバンドを入れて、アップの写真を見ていきます

ボリンジャーバンド20のチャートになります。これを見るにエントリー箇所は+1σ-1σの上限下限での逆張りエントリーになっているみたいです。

上限下限にタッチする度に設定したpips数毎に倍倍でポジションを保有していきます。

その後、センターライン付近で全決済、1つ目のポジションについては損失がでるが、他マーチンゲールされたポジションで利益を出していくEAになっています。

Dark Venusの注意点

TDSバックテスト

Dark Venusを運用する前にTDSを用いてEURUSDのバックテストをしています

ですがこのEAは基本ボリンジャーバンドによる逆張りエントリーです。そのため一方方向へのトレンドにはとても弱いです。

5年間のバックテストを当てたとしてもどこかでロスカットをされ、正常なスコアが出せませんでした。

ロスカットされるタイミングは大体が一方方向に相場が傾いているときに起きていました。勿論下がったあと戻ればいいのですが最近の相場では下がるだけ、上がるだけがとても多いような気がします。

その点では自動売買ではありますが、完全放置はとても危険です。

追記.2021.1.14

買い売り合わせて20ポジションを超えることはあまりありません。ですので、それを超えてくる取引=負けと考えた方が良く、手動で損切りをすることを視野に入れた方がいいかもしれません。

設定項目についても、10ポジションずつが最適な気がします。

Dark Venusのおすすめ運用方法

オススメ運用方法
  • EAの設定をする際はマーチンゲールということを忘れず資金に合わせたロット調整をする
  • 他通貨運用を生かして、リスクを分散させる
  • 損失がでていても長期間決済されていないポジションについては損切をしっかりする
  • TDSバックテストなどでよく検証する(TDSで検証することでリアル口座に近い環境を作れる)
  • デモ口座にて初期ロット・ロット倍率を増やし試行錯誤し、EAの癖を理解する
  • 低スプレッド口座で運用する
  • ロットを上げすぎず、欲張らない

このEAでのトレード環境

海外口座
  • TITANブレード口座(リアル)
  • TITANブレード口座(デモ/永久)

現状上記の2つの口座をVPSで稼働しています。

XMにも導入予定2021.1.12

自動売買EA紹介記事一覧

【海外無料自動売買】Dark Venus EAを紹介・検証【TITANリアル口座・デモ口座】

2021年1月12日

【保存版】FX取引・自動売買の成果をまとめてくれるMyfxbookの登録方法

2020年12月27日

自動売買に適したオススメ海外口座

レポマルのメイン口座 TITAN FX(ブレード口座)

概要
注目1⃣
  • レバレッジ500倍
  • 海外口座特有の※ゼロカット制度採用
レポマル
 
  • 国内の場合、レバレッジをかけて取引をした場合、入金額以上の損失がでるとその分入金しなければならない、追証制度があります。
  •  海外の場合はほとんどがゼロカット制度を入れており、入金以上の損失が出た場合でもゼロカット=0になるだけで追証は発生しません。
注目2⃣
  • 口座種類は、スタンダード口座とブレード口座の2種類
  • スタンダード口座は、手数料無料スプレッドは1.3pips(USDJPY)
  • ブレード口座はスプレッドが0.2(USDJPY)
  • かなり狭いが、0.01lot1000通貨で7円の手数料がかかります(実質0.9~1.0pips)
注目3⃣
  • ブレード口座⇔スタンダード口座の変更もサイト上の口座キャビネットからいつでも変更可能
  • XMでは口座種類ごとに追加開設しないといけないので、簡単に運用することができます。

レポマルのサブ口座 XM TRADING

概要
注目1⃣
  • レバレッジ最大888倍
  • 海外口座特有の※ゼロカット制度採用
レポマル
 
  • 国内の場合、レバレッジをかけて取引をした場合、入金額以上の損失がでるとその分入金しなければならない、追証制度があります。
  •  海外の場合はほとんどがゼロカット制度を入れており、入金以上の損失が出た場合でもゼロカット=0になるだけで追証は発生しません。
注目2⃣
  • 口座種類は、マイクロ口座・スタンダード口座、ZERO口座の3種類
  • マイクロ・スタンダード口座については、初心者向け
  • スタンダード口座を利用するのが一番オススメ!スプレッド平均1.7pips(USDJPY)
  • ZERO口座はスプレッドが約0.1pips
  • ZERO口座は手数料が高めの0.01Lot1000通貨で10円の手数料がかかります(実質1.1pips)
注目3⃣
  • スタンダード口座・マイクロ口座限定!
  • XMでは取引量に応じてクレジットボーナスXMPあり、またXMPにもランクがあり取引に応じてランクアップしていきます。
  • XMPクレジットボーナスとは、出金はできないが、取引として使うことができるものをいいます。
  • 過去に最大で10万ほどXMP溜まっていたときはボーナスのみで運用していたので痛手は0でした。
  • 下の写真の右下のように出金できるお金にも換えることはできますが換金率は低いのでボーナスとして運用するのがオススメです!
注意
  • XMPクレジットボーナスはスタンダード・マイクロ口座でのみ貯めることができますが
  • 使用に関してはZERO口座でも可能です。
  • またXMPを口座に入金後に元本等を出金する場合、出金額に比例したXMPクレジットボーナスも消失します
  • 資金の移動に関しても出金同様の消失が起こります
補足
  • これは現時点でのレポマルのXMP及びランクです。一番上のELITEです
  • 以上の条件でランクアップまたポイントが溜まります。
  • ※XMPを貯めることができるのはマイクロ・スタンダード口座のみです。
  • 使用に関してはZERO口座でもできます

オススメコンテンツ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

市販の有料EAから海外の無料EAを日々検証中しています。 検証結果は損益記事、自動売買紹介記事などでUP中! TDSバックテストを使用してリアルな検証・情報をお伝えします。