【海外無料・有料自動売買】Lite Hamster Scalping EAの紹介・検証【TITANブレード口座・リアル/デモ】

レポマル
MQ5で無料ダウンロードできるLite Hamster Scalpingについて見ていきます

トレード口座はTITANブレード口座のリアル/デモも使って検証しています

EAはTDSを使ってバックテスト、最適化をしています

Lite Hamster Scalpingの概要

概要
  1. 初期設定では8ポジション+1ポジションまで保有
  2. 取引時間足5分
  3. 運用通貨EURUSD
  4. 利確設定あり
  5. ストップロス初期設定値は150pip
    • ストップロス値は広くほぼ設定してない場合と同じ、保険にはなる
  6. 取引時間設定ありポジション数設定あり初期設定では朝エントリー型EA(9時~11時)

Lite Hamster Scalpingのおすすめ度 自動3点/10点 半自動5点/10点

検証済時間足

  • 5分足

Lite Hamster Scalpingの特徴として、設定したポジション数をインジケータの内部設定に応じて、

2つ目のポジションまでは同じ位置、それ以降はスパンを開けてエントリーしていくような動きをします。

スパン幅はそれほど広くはなく少しの値動きの時でもポジション設定値の数だけエントリーする時が多々あります。

Lite Hamster Scalpingの注意点

設定次第ではありますが、初期設定のストップロス150pipでもかなりの回数カットされます

ですが利確に関しては初期設定では6pipであり、逆行しない限りは利確頻度も高めです

損小利大ならぬ損大利小になる時があります

利確が早い分、エントリーの回転が早く取引回数はとても多いです

逆に損切り可能性も増えています。

補足
過去には5ポジションの他初期設定値で1週間で約10万利益が出たこともある恐るべしEA

Lite Hamster Scalping Quant Analyzerスコア解析

ロングエントリー

補足

ロングエントリーは2017年利益率が高いが、他の年ではそれに迫る損失を出している

補足

木曜日しか得意な曜日がなくあまり安定してない

補足

時間帯についてもデフォルト24時間設定でテストしても、初期設定の1~3時の時間帯でもとても不安定な取引をしている

補足

大きめの勝ちが2018年それ以外は利益は少なく損失が大きい

ショートエントリー

補足

ショートエントリーについては全ての年で利益を出すことができている。下降トレンドが継続していたこともあるが、下落自体が早い為うまく利確できている様子

補足

どのEAでも金曜日は特に危ないので許容範囲とても安定している

補足

時間帯についても、朝方のスプレッドが開く時間はとても弱く、他は全体的に安定している

補足

ロングとは違ってとても安定したスコアを出している。※現在は上昇トレンドなのでこれが逆転する場合も勿論あります。

注意

ショートに軍配があがるスコアになりましたが、ショートエントリーと比べてロングのエントリー回数とても多いです。

2015年はまだ下降トレンド中であり、ショートエントリーが生かされていた可能性があります。

現在はドル円下降トレンドのユーロドル上昇トレンド、逆転しておりこのスコアについても逆転する可能性は大です。

Lite Hamster Scalpingのおすすめ運用方法

  1. ポジション設定値+1ポジションエントリーすることを頭に入れておいた設定にする
  2. インジケータの内部設定もあるが弄りすぎると、ストップロス回数など不明なエントリーが増えるため現状はデフォルトがおすすめ
  3. ストップロス設定値に関しては、150pipから自分が決めたストップロス最大値(60pip等)に変更した方が、全体的に利益が出た場合もある
  4. 初期設定利確6pipですので、高スプレッド耐性はないに等しく、TITANブレード口座などの低スプレッド口座がおすすめ
  5. 連日負けることは多々あるので長期的に低ロットで、運用する

このEAでのトレード環境

海外FX会社
TITANブレード口座リアル

現状TITANブレード口座リアルでのみ運用しています。

自動売買EA紹介記事一覧

【海外無料自動売買】Dark Venus EAを紹介・検証【TITANリアル口座・デモ口座】

2021年1月12日

【保存版】FX取引・自動売買の成果をまとめてくれるMyfxbookの登録方法

2020年12月27日

自動売買に適したオススメ海外口座

レポマルのメイン口座 TITAN FX(ブレード口座)

概要
注目1⃣
  • レバレッジ500倍
  • 海外口座特有の※ゼロカット制度採用
レポマル
 
  • 国内の場合、レバレッジをかけて取引をした場合、入金額以上の損失がでるとその分入金しなければならない、追証制度があります。
  •  海外の場合はほとんどがゼロカット制度を入れており、入金以上の損失が出た場合でもゼロカット=0になるだけで追証は発生しません。
注目2⃣
  • 口座種類は、スタンダード口座とブレード口座の2種類
  • スタンダード口座は、手数料無料スプレッドは1.3pips(USDJPY)
  • ブレード口座はスプレッドが0.2(USDJPY)
  • かなり狭いが、0.01lot1000通貨で7円の手数料がかかります(実質0.9~1.0pips)
  • 自動売買から、裁量取引の口座間また業者間の両建てについても規則なし
注意
  • 口座・業者間の両建てについては禁止されているブローカーがほとんどです
注目3⃣
  • ブレード口座⇔スタンダード口座の変更もサイト上の口座キャビネットからいつでも変更可能
  • XMでは口座種類ごとに追加開設しないといけないので、簡単に運用することができます。

レポマルのサブ口座 XM TRADING

概要
注目1⃣
  • レバレッジ最大888倍
  • 海外口座特有の※ゼロカット制度採用
レポマル
 
  • 国内の場合、レバレッジをかけて取引をした場合、入金額以上の損失がでるとその分入金しなければならない、追証制度があります。
  •  海外の場合はほとんどがゼロカット制度を入れており、入金以上の損失が出た場合でもゼロカット=0になるだけで追証は発生しません。
注目2⃣
  • 口座種類は、マイクロ口座・スタンダード口座、ZERO口座の3種類
  • マイクロ・スタンダード口座については、初心者向け
  • スタンダード口座を利用するのが一番オススメ!スプレッド平均1.7pips(USDJPY)
  • ZERO口座はスプレッドが約0.1pips
  • ZERO口座は手数料が高めの0.01Lot1000通貨で10円の手数料がかかります(実質1.1pips)
注目3⃣
  • スタンダード口座・マイクロ口座限定!
  • XMでは取引量に応じてクレジットボーナスXMPあり、またXMPにもランクがあり取引に応じてランクアップしていきます。
  • XMPクレジットボーナスとは、出金はできないが、取引として使うことができるものをいいます。
  • 過去に最大で10万ほどXMP溜まっていたときはボーナスのみで運用していたので痛手は0でした。
  • 下の写真の右下のように出金できるお金にも換えることはできますが換金率は低いのでボーナスとして運用するのがオススメです!
注意
  • XMPクレジットボーナスはスタンダード・マイクロ口座でのみ貯めることができますが
  • 使用に関してはZERO口座でも可能です。
  • またXMPを口座に入金後に元本等を出金する場合、出金額に比例したXMPクレジットボーナスも消失します
  • 資金の移動に関しても出金同様の消失が起こります
補足
  • これは現時点でのレポマルのXMP及びランクです。一番上のELITEです
  • 以上の条件でランクアップまたポイントが溜まります。
  • ※XMPを貯めることができるのはマイクロ・スタンダード口座のみです。
  • 使用に関してはZERO口座でもできます

オススメコンテンツ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

市販の有料EAから海外の無料EAを日々検証中しています。 検証結果は損益記事、自動売買紹介記事などでUP中! TDSバックテストを使用してリアルな検証・情報をお伝えします。